~袖擦り合うも他生の縁~長袖館主のブログ館

ka216と申します。ブログ初心者です󾭛我が家のペットの事や趣味の読書日記(たまにSFC、GB、PS等の古いゲーム)、日常の中で感じ考えた事等を投稿させていただきたいと思っています。本の系統は雑食なので何構わず読んでいます(笑)ネット関係に免疫がなく、わからない事も多いですがよろしくお願いします(`・ω・´)!

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ka216 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく休みますm(_ _)m

Posted by ka216 on   0 comments   0 trackback

多忙のためしばらく投稿を休ましていただきます。

僅かながら見ていただいてくれていた方々にありがとうございました。

再開の際はまたよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

*ஜ۩道端写真館۩ஜ*『我が家の守り神』

Posted by ka216 on   0 comments   0 trackback



「真似してる訳じゃないサーฅ(=・ω・=)ฅ」

*ஜ۩道端写真館۩ஜ*『駅チカ防犯優良物件』

Posted by ka216 on   0 comments   0 trackback



共働きにはうってつけ(*´゚∀゚`)=b

📓読書生活📕『ガリレオの苦悩』 東野圭吾/著

Posted by ka216 on   0 comments   0 trackback




『ガリレオの苦悩』

東野圭吾/著

★★☆☆☆

おなじみの物理学者の湯川学が大学の同級生で刑事の草薙俊平が持ちかけて来る難事件を理学的に解明していくミステリー短編小説の第四弾です。

今回は新しい登場人物として草薙の部下にあたる女性刑事の内海薫も加わって話が進みました。

今作は前回の長編『容疑者Xの献身』の余韻を引きずってなのか理屈よりも人情寄りの話が多かったと感じました。
私的には今作の見どころは最終話のマッド物理学者が湯川学に挑戦状を叩きつけ、「悪魔の手」という手法で猟奇殺人を犯す犯人に湯川が挑む話でした。

Category :

📓読書生活📕『ダ・ヴィンチ・コード』ダン・ブラウン/著 越前敏弥/翻訳

Posted by ka216 on   0 comments   0 trackback




『ダ・ヴィンチ・コード』
ダン・ブラウン/著
越前敏弥/翻訳


★★★☆☆

その日協会の使者によってルーブル美術館の館長のソニエールが暗殺された。そしてそこに残る幾つかのダイイングメッセージ。その中に宗教象徴学の権威でもある「ラングドンを訪れよ」というメッセージが含まれていた。
その夜ソニエールと会う事になっていたラングドンは犯人の容疑者として警察に追われる事になる。
しかし、ソニエールの孫娘でもあり暗号解読官でもあるソフィーは祖父のダイイングメッセージが自分へのメッセージである事を見抜きラングドンの無実を確信する。

ソニエールの遺した聖杯にまつわる暗号を解き明かし、無実を証明する為にラングドンとソフィーは行動を共にするが、より事件の深みに巻き込まれていく。

解き明かされる幾世紀にも及ぶ聖杯の謎と真実。

聖杯を巡るキリスト教を題材にしたミステリー小説です。
展開に少しありきたりな感はありましたが内容もしっかりしていて、
なんといってもキリスト教、宗教学における独自の解釈やノンフィクション要素がとにかく面白かったです。
これを読んだ後は、別の作品でキリスト教的観念のあるモノも違って見えました。

確かに「問題作」と言われただけはあるなと思いましたね。(笑)

Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。